読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇っ子~戸籍のない子供たち~のネタバレまとめブログ

漫画「闇っ子~戸籍のない子供たち~」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ネタバレ第2話「おちょろ舟」

安武わたる先生の最新作「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」の第二話「おちょろ舟」は、貧しい孤島で暮らす少女が、好いた義理の兄のために夜の海をゆき「おちょろ」として沖合の船まで身を売りに行く、切ないお話です。

捨て子だったセイは、松吉に拾われて妹になり、貧しい漁師の娘となりますが・・・


>>『娘を売る街』無料試し読み

※まんが王国先行配信につき、最速で読めます。

 

娘を売る街 第2話「おちょろ舟」あらすじとネタバレ

捨て子のおセイ

島へやってきた旅芝居の一座の女が、捨てていった赤子。それがおセイだった。

漁師の息子の松吉がおセイを見つけ、貧しい暮らしながらもかわいがられて本当の兄妹のように育った。

島一番の金持ちの娘・おトヨはブスなくせに、おセイを「捨て子」だといつも馬鹿にしていた。

おトヨと喧嘩して噛みつき、お仕置きに一晩中外で縛られていたときにも、松吉はいつも自分の味方だった。

「ほかの誰が敵でもいい。松兄さえ味方なら、なんもコワない」

たとえ血がつながっていなくても、この家に拾われてよかった、と心からおセイは思っていた。

嵐で舟と大黒柱を失う一家


たくましく成長していく松吉、そして海女になる修行をするおセイは、兄妹以上に愛情を感じ始めていた。

胸の中にわきあがる、ムズムズしたような気持ち・・・だが、それが言葉になる前に悲劇が起こった。

ある日、漁に出た義父と松吉は嵐にあい、舟が転覆してふたりとも海に放り出されてしまった。

舟と義父をなくし、かろうじて松吉は命をとりとめたが右足を怪我して働けなくなってしまう。

一家の稼ぎ手を失ってしまい、途方に暮れる日々。松吉は海の恐ろしさがトラウマになり、海へ出ることすら怯えていた。

そんな兄を見て、おセイは体のぬくもりで兄を慰めようとする。

「うちを好きにしてええんよ」

だが、同時におセイは「おちょろ舟」に乗ろうと決めていた。

「おちょろ舟」の女郎となるおセイ


一家を支えるために、おセイは覚悟を決めて「おちょろ舟」に乗ることにした。

沖に停泊する荒くれ漁師たちに、慰み者にされるおセイ。

新しい舟も買いたい、病気の母にもいい薬を飲ませたい、松吉が働けない分も稼ぎたい。

昼は漁の手伝い、夜はおちょろ舟に乗るおセイを見て、おトヨが意地悪そうに裏でコソコソ動き回っていた。

娘を売る街 第2話「おちょろ舟」の結末


おトヨは密かに松吉に焦がれており、足の悪い松吉でもできる割のいい仕事の提供を申し出てきた。

さらに、裏で手を回しておセイがタチの悪い客に当たるようにと嫌がらせもする。

そしておセイはお腹に赤子ができてしまい、生まれた男の子は死んでしまう。

松吉はおトヨと祝言をあげる約束をして、かわりに金を融通してもらっていたのだった。

だから、おセイの子も邪魔だったのだと・・・

自分の身を犠牲にして兄と一家のために尽くしてきたおセイは、逆上してナタをふりあげ・・・

娘を売る街 第2話「おちょろ舟」の感想


働き手をなくしたために、身を売らざるを得なくなった捨て子のおセイ。義理の兄とは相思相愛の仲だったのに、結局お金が原因でふたりはすれ違ってしまいます。

誰の子なのかわからない、でもおセイは「松兄ィの子」と信じていた赤ちゃんを、意地悪ブスのおトヨとの祝言(結婚)に差し障りがないようにするためにと始末した祖母がひどいですね・・・。

でも、松吉は松吉で「ぬけがらのような男なぞ、おトヨにくれてやる」と働けなくなってしまった不甲斐ない自分を恥じて、おセイをおちょろ舟に乗せたくない、逃げてほしいという思いから祝言の話を受けてしまっていました。

おちょろ舟とは、「お女郎舟」からきている言葉と言われていますが、このお話の舞台になった瀬戸内海では足の早い小舟を「ちょろ」と呼ぶので、そこからついた名前だとか。

傷ついた心を抱えながらも、おセイはその「ちょろ」に乗って、新しい人生へこぎだしていったのがとても印象的でした。


>>『娘を売る街』続きを読む


※「おちょろ舟」は「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」の2話目に収録されている作品です。

 

 

 第3話の感想

yamikko.hatenadiary.jp

 

広告を非表示にする