読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇っ子~戸籍のない子供たち~のネタバレまとめブログ

漫画「闇っ子~戸籍のない子供たち~」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

娘を売る街~昭和の赤線・吉原ネタバレ第3話「吉原・投げ込み寺」

江戸時代の新吉原で、女郎の子として生まれた娘には、生まれつき顔にアザがあった・・・「顔立ちはキレイなのに『惜しい』とあちこちで言われ続け、いつしか少女は「おしい」と名乗るように。

養い親が亡くなり、元いた吉原に返されてしまうおしいの運命は・・・

娘を売る街 第3話「吉原・投げ込み寺」あらすじとネタバレ

まんが王国先行配信につき、最速で読めます。


>>『娘を売る街』無料試し読み

 ※「吉原・投げ込み寺」は「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」の3話目に収録されている作品です。

吉原の女郎の子

もらわれっ子だったおゆうは13で養い親に死なれ、もともといた新吉原の大黒楼へ返された。おゆうは女郎の子だったのだ。

綺麗な顔立ちの娘だったが、惜しいことに左頬に大きなアザがある。遊郭の女将は「そのアザさえなければ、表に出して稼げたのに」と悔しがりながらも、下働きとして引き取った。

以降、あちらに行ってもこちらに行っても「アザが惜しいねえ」と言われ、「もうあたいの名は『おしい』でいいわ!」と、娘はきかないところを見せた。

客に無体され、花魁にかわいがられる


実の母親が女郎だった、というだけでもショックなのに、夜の色めかしい賑わいの遊郭を見てため息をつくおしい。

見世一番の綾衣花魁が、おしいをみて何かに気づいたように「ぬしゃ、名はなんと」と尋ねる。

知り合いでもないのに、やたら気にかける様子に首をひねるおしい。

遊郭には、綾衣花魁のような華やかで最上の妓もいれば、稼げずにおまんまさえロクに食わせてもらえない下っ端女郎が飢えと病気で死んでいく。

ある日、酔った客におしいは無理やり乱暴されてしまい、傷ついたおしいを哀れんだ綾衣花魁が出産のための養生の伴に連れ出した。

出養生と女郎の墓


綾衣花魁は妊娠しており、「出養生」が許されて別荘で出産まで過ごすことになっていた。おしいは特別にお供として同伴させてもらい、綾衣花魁はおしいをやさしくいたわった。

「つらいもんでありんすなあ、おなごというものは」

無理やり犯されたおしいは、弱ってごはんも喉に通らない状況だったが花魁のやさしさに包まれて、傷ついた心を癒やしていった。

まるで自分の娘のようにかわいがってくれる花魁・・・そして綾衣花魁は「投げ込み寺」と呼ばれる無数の女郎が葬られている寺参りにおしいを連れていった。

「浦路姐さん、見えなんすか。姐さんが最期まで気にかけておした、おゆうちゃんでありぃすよ」

そのお墓は、おしいの実の母親の墓だ、というのだった。

おしいの顔のアザの理由


突然、綾衣花魁はおしいに土下座して謝りはじめた。

「ごめんなんし、ぬしのそのアザは・・・わっちのせいざんす」

おしいの母・浦路の禿だった綾衣花魁は、おしいを産んだときに燃えた炭を落としてしまい顔に火傷をさせてしまった。

しかもそのとき、浦路は落ちた熱い炭を拾ってもっとアザを広げたのだった。

それは母としての親心・・・女郎の子として生まれたおしいが成長すれば、自分と同じ女郎の道を歩まされる。

せめてこの子だけは、籠の鳥にしたくはない。

女郎として価値がなければ、女郎にさせられることもあるまいと、わざと我が子の顔に醜いアザをつけたのであった。

娘を売る街 第3話「吉原・投げ込み寺」の結末


綾衣花魁は見世の男・新助と恋仲だった。新助と「足抜け」を相談していたが、それはもちろんご法度。

足抜けのことを知ってしまったおしいを、新助は殺そうと追いかけてくる。

だが新助は花魁のことを愛していたわけではなく、うまくだまして外へ連れ出し、高値で転売しようと企んでいたのだった。

「女郎なんざ、人の形をしたカネだろうが」

とおしいに手をかけようとする新助。

だが、「投げ込み寺」に逃げ込んだおしいを守るために、母と女郎たちの幻が現れ・・・


娘を売る街 第3話「吉原・投げ込み寺」の感想


泣ける・・・誰の子ともわからずとも、娘を産んですぐに手放さなければならなかった女郎。おしいの母親は、娘の未来を想ってこそ、わざとアザをつけて逃してやりました。

そして、死してなおも愛する娘を守るために、幽霊となって現れた母親。綾衣花魁の最後の一言が、じーんときます。

「嘘ばっかりの吉原で、母の愛は真実だったんでありぃすねぇ」

悪者も退治され、母の愛に守られたおしいは母が願ったとおりに女郎にはならず、自由になるために懸命に働くことを選びます。

顔のアザは治らないけれども、そんなことは気にせずにたくましく生き抜いていってほしいなあ、と思いました。


>>『娘を売る街』続きを読む

 

 こちらの記事もおすすめです

yamikko.hatenadiary.jp

広告を非表示にする