闇っ子~戸籍のない子供たち~のネタバレまとめブログ

漫画「闇っ子~戸籍のない子供たち~」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

闇っ子~戸籍のない子供たち~第1話ネタバレ 安武わたる作

当ブログをお読みいただいてありがとうございます。

このブログでは、中国一人っ子政策で生まれた「黒孩子(ヘイハイズ)」の女の子・雪蘭の厳しい半生を描いた「闇っ子~戸籍のない子供たち~」を、表題作を含め短編漫画集のあらすじやネタバレ結末、感想をまとめてご案内しております。

作者の安武わたる先生は「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」という人気作がある漫画家さんです。

 

「闇っ子」の無料試し読み


この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>『闇っ子〜戸籍のない子供たち〜』無料試し読み

※まんが王国先行配信につき、最速で読めます。

 

「闇っ子」第一話あらすじとネタバレ

黒孩子(ヘイハイズ)の雪蘭


雪蘭は9歳、学校に通う3つ年上の姉がいました。

家は貧しく、雪蘭は畑仕事を手伝い、学校帰りの姉から勉強を教わるのがとても好きでした。

貧しくても親子4人でどうにか暮らしていたのに、突然弟が生まれてしまったことで、雪蘭の運命が大きく変わってしまいます。

待望の跡継ぎとなる男の子が生まれて喜びにわきあがる家族。

雪蘭もまた弟の誕生を一緒に喜んでいましたが、「弟が生まれてよかったね」と姉に言うと、姉の顔は青ざめて「バカ」としか言わない。

めでたい祝いだからとごちそうが振る舞われ、お腹いっぱい食べられる日がめったになかった雪蘭は、何も知らずにごちそうを詰め込みます。

近所の人の「あんたのとこには黒孩子がいるんだね」という言葉の意味もわからないまま・・・

売られてしまった雪蘭の運命


弟の誕生祝いでお腹いっぱい食べられて幸せ、と眠りについた雪蘭は、目覚めて一気に地獄に落とされます。

自分と似た年頃の子供たちと共に、トラックで運ばれていることに気づき、「母ちゃんは!? 父ちゃん、姉ちゃんはどこ!?」と混乱する雪蘭。

パニックになる雪蘭は「やかましい!」と見張りの男に殴られ、同じく売られた小蘭から黒孩子はみんな売られてしまうんだと聞かされます。

「国がひとりしか子供を持っちゃいけないって決めたんだ」

農家の場合だけ一番目が女の子だったら、ふたりまで産んでもいいのだという。大抵の家では「男の子」がほしい。

だから次女である雪蘭は出生登録されずに黒孩子になり、弟が生まれた途端に売られ、処分された、という。

いつでも売って、家の助けになる娘・・・「闇っ子」だったのだと知り、そんなこと知らないと自分は両親にとっていらなかったのか、とショックを受けてしまいます。

「女の子はいらないんなら、産んでくれなくてもよかったのに」そう言って泣く小蘭を見ながら、雪蘭も泣くしかありませんでした。

永明に買われ、蔡家の小間使いに


「店行き」にされた小蘭と雪蘭でしたが、そこに若殿のように羽振りのよさそうな蔡永明がやってきて、器量のいい利口そうな雪蘭を見て「この子売ってくれよ。義姉へのプレゼントだ」と店に言って買ってしまう。

見たこともないような豪華な住まいに連れて行かれ、雪蘭は蔡家の当主の妻の小間使いとして、汚い体を現れてこざっぱりとした格好をさせてもらいます。

召使たちと一緒に食事をしますが、貧乏だった雪蘭にとって、下働きの人たちの食事すら豪華に感じられたのでした。翌日から一生懸命に働き始めます。

「うちに比べたら、ここは天国だ」そう感じても、赤の他人しかいないこの場所ではやはり父母や姉が恋しくなって泣く雪蘭。

旦那様の夜伽をさせられる

メイドから旦那様の部屋に飲み物を持っていくように、と言われた雪蘭は自分が何をされるのかわかっていませんでした。

永明が雪蘭を買った本当の目的・・・自分の兄が「子供好き」で店に行かれると外聞が悪いため、雪蘭を妾としてあてがうためだったのです。

「これだから子供はこたえられん」

と、ケダモノのように雪蘭を蹂躙する旦那様。痛い、体がちぎれてしまう・・・まさかの出来事に、雪蘭は魂を抜かれたようになってしまいます。

メイドはそんな雪蘭を手当して、もしも店にいたら10人は客をとらされる。ここなら旦那様ひとりの相手で済むのだから、「運のいいほうよ」と言いました。


あたし・・・運がいい?

昼間は口うるさい意地悪な奥様の小間使いで、夜は変態おやじの相手。

運がいいどころか、毎日が地獄。

けれど、唯一やさしく接してくれる永明がいてくれて、いつしか雪蘭は「永明様の花嫁になりたい」と願うようになっていきます。

養女になろうとする雪蘭


雪蘭は永明のそばにいたいから、と旦那様になんとかして気に入られてこの屋敷にいやすくなるように頑張ろう、と嫌で嫌でたまらない夜伽も嘘の笑顔を浮かべて旦那様を喜ばせます。

「どんなことをしてでも、気に入られるんだ」

雪蘭はそう決意して、見事旦那様に取り入ることに成功し、「お気に入り」として数年を過ごします。

次第に大人の体に近づいていった雪蘭は、慕っていた永明と裏で通じ合うようになり、旦那様から得た儲け話をこっそりと伝える役目をするようになりました。

旦那様は相手は無学な小娘、とあなどって何でも雪蘭に打ち明けてくれるのでした。

永明は雪蘭の気持ちを利用し、小銭を稼いでいたのです。けれど、気がかりなことは雪蘭が「もうすぐ大人」になってしまうこと。

「子供好き」な旦那様に、きっと飽きられてしまう・・・と雪蘭は相談します。すると、永明は「養女になりゃいい」と勧め、永明のそばにずっとい続けたい雪蘭は養女の座を狙うようになります。

奥様から追い出され、よるべない黒孩子に


「お願い、私を養女にして」と永明に訴えかけていた雪蘭の話を聞いていた奥様は、自分の地位を脅かされると雪蘭の追い出しを計画します。

美容院へ一緒に行きましょう、と愛想よく誘われて、ついていった先では奥様が雇った荒くれ者たちが待っていました。

「おまえの体をどうなぶってもいいってよ」

奥様は金で彼らを雇い、雪蘭を襲わせて痛めつけたあと、路上のゴミ捨て場に捨てさせたのでした。

全裸で傷だらけの哀れな姿で放置された雪蘭は、孤児救済ボランティア団体の宋に助けられますが・・・蔡家に問い合わせても「そんな子は知らない」の一点張り。

戸籍のない、闇っ子黒孩子である雪蘭は「いない人間」であり、警察に訴えても「犯罪にならない」と相手にしてくれません。雪蘭への扱いに「戸籍がないと被害者にもなれないのよ、この国は!」と憤る宋。

いらない人間なんかいない!

両親からも黒孩子として捨てられ、売られた先の屋敷からも捨てられてしまった雪蘭は、自分が黒孩子だから「またいらないって、いらない子なんだ」と絶望してしまいます。

たとえ欲得ずくとはいえ、何年も過ごした旦那様、永明ですら「知らない」と自分を捨てた。血の繋がった両親でさえ自分のことがいらなかったのだから・・・と。

そんな雪蘭を見て「いらない人間なんかいない!」と宋が「あること」を打ち明けます。

「闇っ子」第一話の感想


くっきりとした綺麗な顔立ちの雪蘭は、永明によって表向きは小間使い、その裏で蔡家の当主・蔡朱陽の妾をさせられることに。

たとえ永明に買い取られていなくても、店ではもっとひどい目に合わされていただろうし、黒孩子(ヘイハイズ)の運命は過酷なものです。周囲の人間たちは皆、雪蘭のことを人間ではなくモノ扱いしており、子供の雪蘭は運命に翻弄されるしかありません。

出生届を提出してくれなかった親のせいで戸籍上は「いない子供」であり、学校に行くことはおろかたとえ道で強盗にあったり襲われたりしても警察が助けてくれません。

社会的に存在していない、ということはこれほどひどい目にあうのだ、と想像するとゾッとしてしまいます。

雪蘭の扱いがひどすぎて「わたしはいらない子なんだ」と思い込むのも無理はありません。こんな辛い思いをしてきたのに、頑張って耐えて生き続けてきた雪蘭は蔡家から捨てられたことでやっと「自由」を手に入れます。

そして、「いらない人間」なんていないんだ、と人生をやり直す一歩を踏み出します。

重いテーマでしたが「生きる」ことを決してあきらめない雪蘭の姿がとても美しく、黒孩子であってもこれからの人生は自分のために自由に生きていってほしい、と応援したくなるお話でした。

 

>>『闇っ子〜戸籍のない子供たち〜』の続きを読む

 

 

「闇っ子〜戸籍のない子供たち〜」の第2話「甘い話苦い水」レビュー

yamikko.hatenadiary.jp