闇っ子~戸籍のない子供たち~のネタバレまとめブログ

漫画「闇っ子~戸籍のない子供たち~」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

それ欲しい ネタバレ(闇っ子収録作)第3話 安武わたる作

あれが欲しい、と思ったら手を伸ばさずにはいられないーー万引きの常習犯の少女・アキラは、なぜ「自分が使わないもの」ばかり盗むのか。

ネグレクトされ、母親の愛情に飢えたひとりの少女が、児童養護施設の冷血女と出会い自らを振り返るお話です。


「それ欲しい」は「闇っ子〜戸籍のない子供たち〜」の3話目に収録されている作品です。


>>『闇っ子〜戸籍のない子供たち〜』無料試し読み

※まんが王国先行配信につき、最速で読めます。

「それ欲しい」あらすじとネタバレ

万引き常習犯の少女


小学6年生の竹内アキラ(亜綺羅)は、デパートでまた物を盗んでしまい、捕まった。

「この年でもう、万引きの常習犯か」と店長にあきられる。

母親に連絡がいくが「勝手にしてくれ」と言われ、やむなく養護施設の職員が迎えにきた。

アキラは母子家庭で、母親が水商売をしており、娘にかまうことがほとんどない。

だから養護施設で「トワイライトケア」と呼ばれる、片親家庭のための夕食の提供を受けていたのだった。

愛情のない家庭


アキラの母は元ヤンで17で娘を産み、父とは3歳のころに別れてしまっていた。

万引きをしたことを聞いても、母は「捕まんないでよ、メンドーだから」とさっさと寝てしまう。

朝ごはんは、アンパンひとつだけ。

たまに気まぐれのように優しくなることはあるが、それはペットを思いつきでかわいがるようなものだった。

学校に行くと万引き事件のことが噂になっており、同級生に「貧乏人」と馬鹿にされて喧嘩してしまう。

いつも、同じ服を着ていて臭いぞ、と。

そして洋服を盗もうとして、また捕まってしまう。

 

ロボットみたいな冷血女



いつものように養護施設から迎えがきたが、鬼島という女性職員で初めて会った。

今までの職員とは違い、事務的でロボットみたいに冷血。

お店の人にアキラの万引きを謝らず、「私が悪いコトしたわけじゃないもの」とすげない態度。

「ひとつ言っておくことがあるわ。いつまで甘えてる気?」

こんなことを言う職員は、いなかった。

アキラはご飯も洗濯もゴミ出しも、全部自分でやっている。

あたしは甘えてなんかいない、とむかついてしまう。

親に期待するな、という鬼島

頭にきたアキラは「甘えているってどういうこと!?」と問いただした。

「あんたがまだ、親に期待しているからよ」

冷たい言い方。キツイことも平然という鬼島に、アキラはますますむかつく。

 

万引きで変態オヤジに襲われそうになる


そんな折、母親が「温泉に行こう」と突然言い出した。

たまの気まぐれだ、とわかっていても嬉しい。

ママに何かしてあげたい・・・アキラはそう思い、「あんなのをあげたら、ママ喜んでくれる」とビーズのバッグに目をつける。

初めて万引きしたのも、ママが喜んでくれると思ったから。

ところが、ビーズのバッグを盗もうとして捕まってしまい、店員に「いけないなーお嬢ちゃん」とアキラがすでに万引きで有名な子だと知っていた。

「いいよー、そのかわり、おじさんのいうこと聞いてくれたら」

そして店の奥へ引きずり込もうとするが・・・


「それ欲しい」の結末


かろうじて逃げ出したアキラだったが、恐怖で怯えて雨降りの中隠れ、高熱をだしてしまう。

熱を出した娘を見捨てて、母は家を出ていってしまった。母親に捨てられてしまったアキラに、鬼島が「捨てちゃいなさい、そんな親」と、アキラがいままでなぜ万引きをし続けてきたのかその理由を察していたことも知る。

鬼島もまた、親にネグレクトされた人で誰よりもアキラの気持ちをわかっていたのだ。

アキラは鬼島の言葉に励まされ、やっと「親子の呪縛」から逃れることができた。

「それ欲しい」の感想


いわゆるネグレクトのお話でもあるのですが、アキラは「母親の愛」を期待し続けているあまり、万引きに走ってしまいました。ママにプレゼントすれば喜んでくれる、と自分で使いもしないかわいい小物を「秘密のリュック」に入れていたのです。

アキラが本当に欲しかったものは母親の愛情でしたが、結局それは最後までもらうことはできませんでした。

母親は熱を出して動けない娘を見ても「やだあ、病気? 待ち合わせに遅れちゃう」と平然と見捨てて、二度と帰ってきませんでした。

悲しいのは、どんなひどい扱いを受けても子供は親を恨むことができない、ということです。アキラは「親の愛情」をあきらめることはできましたが、愛情のかけらもない母を最後まで憎むことはありません。

理不尽な親子関係・・・しかし、やっと執着を捨てられたことでアキラは自分の本当の人生を歩み始めることができてよかったなあ、と感動しました。鬼島も一見クールなのに、本音は優しい人でした。


>>『闇っ子〜戸籍のない子供たち〜』続きを読む

 

 

第4話いらない子のネタバレ

yamikko.hatenadiary.jp